なぜ銀行系のカードローンだと借りれるの?

カードローンには消費者金融系のものと、銀行系のものがあります。

このうち、消費者金融は総量規制によって年収の3分の1以上の貸付けができないようになっています。
つまり、例えば収入のない専業主婦は消費者金融系のカードローンからはお金を借りられません。

一方の銀行は総量規制の対象外で借りれるカードローンなので、規制の対象内に含まれる人でも他社借入があったり無職の専業主婦でも銀行系のカードローンなら銀行でお金を借りることができるのです。

また初めてキャッシングをする方にも低金利の銀行系のカードローンの方が金利が安いのでお得に借り入れすることができるので人気を集めています。

上記のことから、消費者金融の審査に落ちた人でも総量規制対象外の銀行系のカードローンならお金を借り入れできることがあります。

消費者金融系でお金を借りられない人でも、キャッシングで銀行でお金を借りることができるのです。

借りやすい銀行系のカードローンランキング

みずほ銀行カードローン
実質年率: 3.0~7.0%(※)
利用限度額: 最大限度額1,000万円
融資: 最短即日利用可能
特徴: WEB完結申込みで来店・郵送不要!
【専業主婦OK】
WEBからのお申込みなら、最短即日利用可能で来店も郵送も不要なので、とっても便利!
お申込みは24時間いつでも受付中!忙しい方や、すぐ利用されたい方におすすめ!
借り換えも簡単!他での借り入れをおまとめすることが可能!
※エグゼクティブプランの場合。みずほ銀行の住宅ローンに加入してない場合は金利が3.5~7.5%になります。
エグゼクティブプランとコンフォートプランは審査結果によって自動的に振り分けられます。


新生銀行カードローン レイク
実質年率: 4.5%~18.0%
利用限度額: 最高500万円
融資: 最短当日融資可能
特徴: 24時間いつでもどこでも!
【専業主婦OK】
主婦・主夫の方でもパート・アルバイトなどで安定した収入がある方ならお申込みOK!
インターネットから24時間いつでもお申込みOK!
初めてご利用の方で契約額1~200万円の方、お借入額のうち5万円まで180日間無利息!
または、お借入額全額30日間無利息!
※即日融資には、平日14時までに、申込と必要書類の確認の完了が必要です。


住信SBIネット銀行カードローン
実質年率: 0.99%~7.99%
利用限度額: 最高1200万円まで
融資: 最短即日融資も可能
審査スピード: 最短60分

住信SBIネット銀行の口座をお持ちであれば、最短60分での借入れ可能。(口座がなくてもすぐにお申込みができます。)
忙しくて店舗に行く時間がない方でもWEBで簡単お手続きが可能!
ご利用明細の自宅郵送がないので身内にバレずに済む。





カードローンでお金を借りる

カードローンの審査では、定期的な収入や、年齢といった項目をポイント付けしていって、融資できるか判断するようです。
土地や新車といった担保や実物は、必ずしも必要ではありません。

さらに重要な事に、

本人に収入がなくてもお金を借りられる場合があるのです!

その条件は銀行によって様々ですが、確かにそのような銀行はあるようです。
そうやってカードローンで早くお金を借りられるなら、助かる人は大勢いるでしょう。
専業主婦もそうした中の一人です。

しかも、家族に内緒でキャッシングすることもできます。
ネットを使った手続きだけで、今すぐに当日中に融資までしてくれるカードローンがあるからです。
妻や旦那に内緒でお金をすぐ借りたい人はそうしたカードローンを選んで借りるとよいでしょう。

銀行からお金を借りるためのローンはいろいろと用意されています。
目的に合せたローンを利用するようにしていきましょう。
そしてその選択肢の一つとして、カードローンによるキャッシングも考えてみてはいかがでしょうか?

上手に使えば、カードローンはとても便利なローンなのです。

銀行からお金を借りる

生活をしていくと、様々な局面で銀行からお金を借りる必要が出てくるでしょう。

  住宅ローン
  マイカーローン
  教育ローン
  カードローン

といったものがまずは考えられるでしょうか。
他にも銀行独自のローンがいろいろと用意されています。

銀行のローンは、そのほとんどの場合に担保が必要になります。
担保が必要ないとされている場合でも、新車といった具合にいざという時に差し押さえができる実物を対象にしたローンとなるでしょう。

銀行としては貸し倒れを防ぎたいので当然のことですね。

そんな中、無担保でなおかつ実物を必要とぜず今すぐ借りれるのが、銀行のカードローンです。
カードローンなら無担保で早くお金を借りられることができるのです。

銀行カードローンは低金利

低金利のカードローンはズバリ!銀行カードローンです。
カードローンとひとことで言っても、様々な金融機関や会社が独自商品を出しています。
代表的な金融機関では、消費者金融・信販、そして銀行で、カードローンの金利はそれぞれ異なって設定されています。

消費者金融は「お金を貸す」ことを主な業務としている貸金業のため、金利(手数料)は法律の範囲内で高めの設定をしています。
逆に銀行は預金をはじめ、融資、為替、信託など様々な業務を展開しており、資金力も大きいため、金利を低めに設定したとしても、収益全体に大きな影響はありません。
そのため消費者金融と比べると「低金利」の設定が可能となるのです。

低金利であるがために、貸し倒れの危険を回避するため、審査のハードルが高く設定されていますが、「返済能力がある」と判断されれば審査は問題なく通過します。 低金利でお金を借りれるということは、高額な融資を受けたとしても、毎月の利息負担が軽く、じっくりと返済していくことができますので長期利用するにはとてもありがたいです。

最近の銀行カードローンは、消費者金融を傘下(または吸収合併)にすることで、サービスも充実してきました。
これまで時間がかかっていた審査も、最短30分で結果が出るところもあり、最短即日融資も可能となっています。

また、その銀行の口座がなくともカードローンは利用できますし、銀行口座がある場合は融資金の振込をしてくれるサービス提供をしている銀行もあります。
とにもかくにも、低金利にこしたことはありません。
各銀行のカードローンを比較して、自分にあったものをチョイスしてみてください。

専業主婦でもカードローンを利用できる

働いていない専業主婦の方でも、銀行のカードローンなら利用することができます。

銀行のカードローンですと「総量規制」の対象外となっているので、配偶者にきちんと安定した収入があれば、無収入の専業主婦の方でも同意書や収入証明書が不要でお金を借りることができます。
少額からの借り入れOKですが、極度額はだいたい30万円~50万円と設定されます。
カードローンを利用する際に用意しておく必要書類は、本人の身分証明書(運転免許証・パスポート・健康保険証など)だけでOK。

インターネットによるWEB申し込みなら、忙しい主婦の方でもわざわざ店舗に出向かなくて済みますし、夫にも内緒にすることもできます。
24時間365日受け付けているのでいつでもどこからでもと便利ですね。

WEB申し込みも同意書や収入証明書は不要で、身分証明書をスマートフォンや携帯電話で撮影、もしくは画像をメールに添付して送信するだけと手軽にできますね。
時間帯や曜日によっては翌営業日になってしまうこともありますが、ほとんどの業者では平日14時までに申し込み手続きを完了していれば即日融資も可能になります。

そして、消費者金融を利用する場合は「総量規制」の対象になりますので、収入のない専業主婦の方は無条件で申し込みをすることができません。
お金を借りることができたとしても、配偶者の同意書や収入証明書が必要とされますので注意してご利用ください。

このページの先頭へ