銀行からお金を借りる方法 TOP » 銀行からお金を借りる » 銀行でお金を借りる申し込み条件

銀行でお金を借りる申し込み条件

銀行カードローンでは、満20歳以上の人を対象にしています。
満20歳以上と言うのは成人を迎えた年齢であり、成人であることで返済の義務を果たせるとしているからなのです。
また、銀行カードローンでは、満20歳以上の人で、安定した収入と、その収入が継続している事で学生でも申し込める銀行カードローンが有ります。
学生の人などの中にはアルバイトをして収入を得ている事からも、その収入が安定していて、且つ継続しているものであれば申し込めるようになっているのです。
 
その他、収入のない専業主婦の方でも申し込みができるのが銀行系カードローンのもう一つの大きなメリットです。
 
また、年齢制限というものは銀行など金融機関により様々です。
年齢下限と言うのは、どの金融機関も同じで満20歳以上にしていますが、年齢の上限については60歳以下の人を対象にしていたり、65歳以下の人を対象にしているケースが多く有ります。
中には69歳以下の人も申し込める銀行カードローンもあるのです。
 
尚、60歳や65歳と言う年齢は会社員の人の場合は定年を迎える年齢となります。
定年を迎える事で収入は無くなりますので、銀行が申し込み条件としている、安定した収入と継続収入が無くなることからも、年齢制限として60歳や65歳にしているケースが多いのです。
 
但し、定年を迎える事で年金受給者と言う形になります。
この年金と言うものを収入として考えた場合は、69歳などの年齢制限の範囲内で銀行カードローンを利用する事が出来る銀行も有ると言う事なのです。
様々な人でも申し込めるのが銀行カードローンなのです。



借りやすい銀行系のカードローンはこちら!

このページの先頭へ