銀行からお金を借りる方法 TOP » 銀行からお金を借りる » 銀行カードローンの審査と勤続年数

銀行カードローンの審査と勤続年数

銀行カードローンを新しく作ろうとする場合、担保を取らないカードローンは、申し込んだ人に返済能力があるかどうかということが非常に重要になります。
 
まず重視されるのは当然ながら年収の額です。
そして、自営業やフリーランスに比べてサラリーマンは審査に通りやすいとされています。
返済能力を見極める上で、年収の額の次に重視されるのは毎月決まった収入があるという、大きなメリットだからです。
その中でも、やはり中小企業よりも名の知れた企業に勤めている方が有利だと言えます。
 
しかし、大企業の社員であっても、銀行カードローンの審査に通らない場合があります。
それは、その会社の勤続年数が問題視された可能性があります。
その職場の勤続年数が長いと言うことは、安定した生活を送っている人物であるとローン会社は判断するのです。
ですから、いかに大企業に勤めているとは言っても、勤続年数がまだ1年程度だとその会社で安定した生活を送っているわけではないと判断されるのです。
 
特に銀行カードローンの場合、通常のカードローンにかかる「総量規制」の制限がありません。
つまり、年収に対して多くの額の借り入れが可能なのです。
これは両刃の剣です。
規制が緩やかな分、つい借りすぎてしまい、返済が困難になる危険性があるのです。
 
ですから、銀行カードローンでは申込者の勤務状態の安定性が重視される傾向にあります。
その安定度を測る尺度として勤務年数も重視されるというわけです。



借りやすい銀行系のカードローンはこちら!

このページの先頭へ